-成長期は終わらない!!成人からの最強身長アップ術-

身長と遺伝の関係

身長は遺伝で決まるのか?

これはおそらく低身長の方が一番気になる命題なのではないでしょうか?

低身長で悩んでいる人の多くは「親の身長も低い」「遺伝だから仕方が無い」と戦う前から諦めてしまっています。

確かに遺伝の影響もありますが、だからと言って諦めるのは非常にもったいない!身長はむしろ後天的要素で変わってくるのです。


ちなみに遺伝による身長への影響が具体的にどの程度かと言うと、約25%~30%程です。 つまり少なくとも70パーセント程は努力で伸ばせる可能性があるということなのです。

70パーセントと聞くと期待が湧いてきませんか?ではその為に行うべき努力とは一体何なのでしょう?

それはズバリ「日々の生活習慣」でしょう。

生活習慣の影響

後の記事で身長アップ3大要素でも触れますが、身長に及ぼす生活習慣とは「食事」「運動」「睡眠」の3つです。どれも非常に重要なのですが、強いて言えば特に「食事」の影響は大きいです。「運動」は適切な「食事」ができて初めて大きな効力を発揮します。また、身長が伸びるのは「睡眠」中なので、当然「睡眠」も重要な要素になってきます。では1つ1つ解説して行きます。


【食事】

日本では欧米等に比べ、高身長でもスラっとした方が増えてきました。それには食生活の変化が大きく関係しています。

もちろんジャンクフード等も普及はしていますが、現代では質の良いタンパク質・カルシウムなどの食事を手軽に摂取出来る様になりました。 さらに、欧米文化の導入に加えて良質なサプリメント等の開発も盛んに行われる様になり、体系に大きく影響していると考えられます。

詳細は他の記事を参照して下さい。


→ 身長アップに効果絶大な食事

→ ヒト成長ホルモン

【運動・ストレッチ】

運動やストレッチは伸長促進に不可欠な成長ホルモンを分泌させます。

詳しくは後の記事で解説しますが、なわとびやバスケットボールの様な骨に対して縦へ刺激する運動が良いとされています。

また、それらの運動にもましてかなり重要とされているのがストレッチです。特に当サイトの対象となる様な成人を越えてしまっている方は毎日欠かさず実践して頂きたいです。身体・筋を引き伸ばすということは非常に有効なのです。身長アップに特に有効な4つのストレッチを後の記事にて紹介したいと思います。

→ 4つのストレッチ

【睡眠】

最後は睡眠です。人は熟睡中に成長ホルモンを分泌され、さらに骨の成長が行われるのは睡眠中が9割です。

さらに、最も深いレベルの「ノンレム睡眠」に達するのは眠りはじめの3時間だけ。これを「徐波睡眠(じょはすいみん)」といい、成長ホルモンも大量に分泌されます。徐波睡眠がしっかり現れる睡眠が、身長アップの為に最適な睡眠なのです。

詳細は後述の記事にて記載したいと思います。


究極の熟睡術

総括

上記の3項目、食事・運動・睡眠をバランス良く行う事で、遺伝的要因を上回り身長を伸ばすことができます。

より詳しくはそれぞれの記事にて解説したいと思いますが、もうひとつ身長に与える要素があります。それは、ストレスです。

これは身長の伸びに対して非常に悪影響を与える場合が多いです。 ストレスと身長に関する記事にて解説致しますので、是非御一読ください。


→ ストレスの身長への影響


おすすめサプリメント

ドクターシーラボ オルニチン&アルギニン 120粒
おすすめ
Lアルギニン 500mg&Lオルニチン 250mg 250粒 [海外直送品]

ヒト成長ホルモン

H.G.H X1 BLACK LABEL 15g×31袋
おすすめ
H.G.H GRAMINO グラミノ ヒト成長ホルモン アミノ酸 13g 20袋 2箱入り
H.G.H LUXE  12g×30包  1箱

↑ PAGE TOP